コースの目的

相手の思いや本音を引き出し、「思考・行動・価値観」を前向きに変化させる

コーチングスキルを習得することで、メンバーとのコミュニケーションを飛躍的

に高め、部下の主体性を引き出し、組織の力を向上させる。

 

1.自己理解と他者理解

   ⇒自分を客観的に理解した上で、相手の個性を理解し、承認することができる。

2.関係構築力

   ⇒立場や価値観の違いを乗り越えて、相手との信頼関係を築くことができる。

3.目標達成のためのフレームワーク

   ⇒GROWモデルにより、効果的にコーチングを進める。

4.傾聴と質問技法

   ⇒共感力を高める傾聴と相手の本音を引き出すパワフルな質問技法を習得する。

5.実践演習を通じて、今日からすぐに現場で活用することができる

 

あなたが目指す姿

◇ワークを通じて自分と向き合うことで、リーダーとしての自己の課題に気づく

◇信頼関係を構築する一番の近道を学ぶことで、問題解決への確かな一歩を踏み出す

◇困難なビジネス・シーンにおいても、チームメンバーとともに成果を出す 「突破力」を身に付ける

受講対象者

1.価値観が異なるメンバーや後輩に対する関わり方がわからない。

2.多様なメンバーや状況にあわせた効果的なコミュニケーションを取りたい。

3.メンバーにもっとやる気をだしてもらいたい。

4.本人の成長意欲をもっと引き出したい。

5.自分とメンバーとの関係を見直し、上司・リーダーとして適切な関わり方ができるようになりたい。

プログラム

はじめに

モジュール1 :部下のやる気を引き出すコーチング

モジュール2 :コーチの役割とマインドセット

モジュール3 :コーチングのプロセス

モジュール4 :個性への対応

モジュール5 :コーチングのスキル

            質問力・傾聴力・共感力・承認力・フィードバック力

モジュール6 : 実践! ロールプレイング

まとめ