コースの目的

良好な人間関係の構築と、「相互理解」に基づく発展的な解決策を導くための

「交渉」をデザインできるようになる。

 

◇実際の部署間における様々な問題解決を促すために、メンバーを巻き込み、信頼関係を構築し、解決策を導くための効果的な方法を学びます。

 

◇メンバーと信頼関係を築き、プロジェクトを成果に導くためのチームビルディングの鍵を習得するために、実際の現場をリアルに再現し、活用することで、「知ってる」を「できる」に変える

あなたが目指す姿

1.交渉の目的は勝ち負けでなく、合意にあることを共有することができる

2.ワークを通じて自分と向き合うことで、交渉時における自己の課題に気づく

3.タフ・ネゴシエーターとの交渉事への苦手意識を緩和することができる

4.実践演習を通じて、今日からすぐに現場で活用することができる

受講対象者

◇顧客・代理店に対する社外交渉をされることが多い方

◇社内の部門内交渉や部署間調整に課題を感じている方

◇職場の人間関係(上司・部下、同僚、顧客等)にストレスを感じている方

◇課題解決を遂行できる高いレベルのコミュニケーションスキルを獲得したい方

 ※社会人5年目以上の方を推奨

プログラム

はじめに

モジュール1 :望む結果を引き出す「交渉」とは

モジュール2 :交渉戦略の基本的なプロセスとアプローチ

モジュール3 :合意形成へのアプローチ

     Ⅰ.行動へのアプローチ 行動特性から、効果的に交渉を進める

     Ⅱ.思考へのアプローチ 思考技術を活用して論理的に交渉を進める

     Ⅲ.感情へのアプローチ 相手に共感することで、信頼関係を築く力

モジュール4 :覚えておきたい交渉のレトリック

モジュール5 : 実践! タフ・ネゴシエーターとの交渉

まとめ