「管理者」という役割に期待されるコンピテンシー

管理者としての一段高い視座を持たせたい

会社や組織に対するエンゲージメントを高めたい

現状の課題に対し、当事者意識を持ち、自律的な組織を創る

その他 

管理者育成の課題

◇ロールモデルとして、部下を巻き込み、自主的に行動する姿勢

◇部下の多様性に対するマネジメント能力の不足

◇経営・組織の理解不足、目先の目標(売上)に追われ、本質的な課題の把握が不足

◇自らがステークホルダーを動かしていくという意識づけが不足している

期待する成果

自己の役割を認識し、プロとして「組織」を動かす主力となる自律型社員への意識転換

部下を巻き込み、一体感とモチベーションに満ち溢れる組織を創る

高い当事者意識を持った集団としての組織を進化させたい

新しい時代の価値創出に向けて、全社で力を合わせた意識改革を実現したい

受講者の声

◆研修で学んだこと・活用できること

・他者を変えるには、自分が変革しなければならないと理解できた。

・少しでも、職場で共感が得られるよう、笑顔を作ることから始めたいと思います。

・コンフォトゾーンの考え方。日常に慣れてしまい、夢に向かって壁を破る事に、逃げていたことを認識した。

・今までの知識が、線でつながった部分が多くありました。また「質問力」「共感力」がすべての事象を改善する上で重要であること

・自分が変わらないと人も変わらない。自分が上に行かないと、部下は自分を越えられない。

・人を「知る」大切さ。「やり切ろう!」という思い。

・自分のマネジメントで部下の能力が決まってしまう。上司の能力が高ければ高いほど、部下の伸びしろがあるということ。

・自分は、もっと変われるのかもしれない、と少し自信がついた。

・役に立てれるよう、自身が成長しなければならないと感じた。

・自分を信じる!部下を信じるということを大事にして、まずは自分を成長させて、人生を生きていきたいと思った。

 今までも、有益な情報をもらしていたのではと、気づいた。

・今後、仕事になれ、覚えて頑張るというのがリーダーではなく、チェンジリーダーとしてやっていく大切さがわかったこと

・相手とのコミュニケーションのとり方が出来ていない事が判った。共感をする事で、信頼関係が築ける様にしたい

・部下を信じる事です! そして、目標をやりとげるんだという勇気

・チェンジリーダーの意味。本質的な人との接し方、共感の大切さ

◆印象に残ったこと

自分の殻を破って、次へのステップが見えた気がしました。

心に訴えなければならないこと、左脳とともに、右脳もフル回転させること。

心をこじ開けてくれました。私の場合は、心の開き方の講習でした。それが一番の収穫でした。

・コンフォートゾーン。 安心領域から一歩出ることより、新たな見識・見解を持つという点。逆に、領域から出ないと成長はない!

・「自分軸」を言葉にできたこと。チェンジリーダーになるための決意。

・自分に足りないもの、気持ちの確認ができて、殻を破る必要と勇気をもらえた。

・相手の気持ちになって発表することが大事ということ、自分の意識を改革することができたと思う。

・自分の言葉で相手に伝えることが大事。自分の殻の破り方が、少しずつわかってきたこと。

・今まで受講した研修の中で、一番現場で活用できると感じた。改めて、自分の現状を理解することができた。

・自分自身を変えていかないと、チームは変わらないということが理解できました。

◆今日から始める第一歩

・自分を無理に変えようとせず、自分らしさを発揮していきたい。

・自分の「立ち位置」を見直した上で、「個性を活かした伝え方をしていきたい。

・部下に対し、感謝の言葉や体調面を気使うことがとても重要であることを感じた。

 

・「人生を一瞬で変える方法」。自分との約束を守る力。小さな目標から少しずつ挑戦したいと思いました。